ブリヂストン フロンティアラクット24インチ

メーカー希望小売価格

税抜き 118,800円

税込み 128,304円

※販売価格は店頭にてご確認ください。

今、話題のブリヂストンの「ラクあし」モデル。 こぎやすい電動アシスト車です。

足腰に不安を感じるようになってきたご高齢の方に主にオススメしています。

 

またぎやすい低床フレーム

フレームの高さ地面から25㎝。従来よりも10㎝ちかく低い設計です。

乗り降り楽ちん♪

さらに・・・

クランク(足でこぐ、ペダルを取り付けている棒)を短く、

シート角(サドルのしたのフレーム部分の角度)を見直すことで

浅い膝の角度でこげるように設計されています。 だから「ラクあし」

 

フロンティアシリーズは前輪でアシストが加わる「デュアルドライブ」モデル。

前輪はアシストでまわり、後輪は自分でこいでまわるので両輪駆動になります。

しっかりと地面をキャッチして安定して乗ることができます。

それに加えて「走りながら充電機能」搭載!

ブレーキをかけた時、足を止めて進んでいるとき(坂道を下る、とか)に

追加充電するようになっています。

1週間使って一日長く使えるくらいになるそうです。

後輪はベルトドライブになっていてチェーンを使っていません。

チェーンのように「伸び」が出ることもなく注油不要

チェーン伸びがないので、外れたりする心配もありません

それとベルトドライブだと、漕ぎ出しがマイルドになり膝への負担が小さくなります

 

このモデルは24インチ。

さらに小さい20インチのモデルもラインナップされています。

「小さいとたくさんこがないといけないんでしょ?」

となりがちですが、

20インチも24インチも、

ひとこぎで進む距離は、26インチの自転車と

ほぼ同等になるように設計されていますので、大変というこはないです。

 

それどころか24インチ(20インチ)だと

「低重心になる」 「太めのタイヤになる」 ことで安定感が出ます。

上の画像の左がフロンティアラクット。右の一般のタイヤの太さより、ひとまわり太いですよね。

足つきが良いだけでなく、荷物があるときでも安全に乗れるなどのメリットが大きいです。

 

バスケットは丈夫で壊れにくい樹脂製。

お買い物でも十分な容量があります。

できれば、後ろバスケットを取り付けて前後バランスよく荷物を積みましょう

 

スタンドは軽い力で楽に操作できるスタンドが採用されています

自動でロックするのでとめた後に倒れてしまったりすることも予防できます。

 

電動スイッチも操作しやすさ重視。

モードはシンプルに「強」「弱」の2モード。

ご高齢の方でも使いやすいように配慮されています。

 

バッテリーはB400(14.3アンペア相当)

弱モード 約80km

強モード 約52km

走行可能で、それに「走りながら充電」の分が追加されるので

充電回数は抑えられますね。

 

電動アシスト車であっても

クルクル足を足を回すことで膝の負担を抑えながら運動できます。

免許返納された方のご相談も増えてきています。

ご家族の方も含めて、電動アシスト車をご検討してみてはいかがでしょう?

 

セオサイクル瑞江店 佐藤

店舗情報はコチラ →(http://mizue.seocycle.biz/