いろいろな車種につけられて便利なフロントバスケット

ADEPT ワイヤード アーバン バスケット Sサイズ

メーカー希望小売価格

税抜き 4,500円

税込み 4,860円

上面のサイズ 前後幅 260㎜ × 横幅 380㎜

底面のサイズ 前後幅 215㎜ × 横幅 300㎜

フロントフォークとハブ軸でガッチリ固定するタイプ。

これのスバラシイところは

◆ハブ軸(ナット止め車輪)でも

◆クイックレリーズでも

◆ダボにねじ止めでも

取り付け可能な金具がセットになっているところ!

今回は納車のGIOS リーベ(26インチ)に取り付けます。

ちなみにリーベはダボもありますが、ハブ軸止めにしました。

さっそく、タイラップで止まっているモノを、パチッパチッと切って

さあ!取り付ける・・・・ぞ・・・?

なにやらいろいろ金具がでてきた~

ややこしそうに見えますが、取り付け説明書もありますし、

いろいろな車体に対しての止め方に対応できるようにネジ類など多く入っています。

全てのネジ類を使うわけではありません。

ある程度経験のある方なら自分でも取り付けられるかもしれませんね。

なにはともあれ・・・

①まずはフォークにプレートのブラケットを取り付け。

②カゴ足の一部を仮止めして・・・(角度を最後に決めるので、ここは仮止めです。)

③先ほどフォークにつけたブラケットと仮止め。(とはいってもある程度はしっかりとめたほうがやりやすいです)

それで、この棒がハブ軸(車輪をとめている軸)につきます。

説明書では先に②の時点で取り付けてましたが、ブランブランして車体傷つけてもアレなのでここでつけました。

④棒(ステー)になが~くネジ切ってあるので、幅広く長さ調整可能。

ナットは最後の最後に固定するのに使いますので、ここでは締めません。

⑤ハブ軸との長さを、棒(ステー)をクルクルまわして調整します。

ほんの少し、バスケットが前上がりになるくらいに調整してハブナットで締めこんで固定!

⑥先ほどまで仮止めだった部分も、その他の部分も本締め&確認して完成!

正直なところ、ステーなども頼りない(?)感じの印象でしたが、

取り付けてみるとこれがガッチリ頑丈!

耐荷重10kg(静止状態)というのもうなずけます。

ブレーキ台座を使うバスケットもありますが、そのタイプは耐荷重が少ない上に、ブレーキの動きを悪くすることがあるのでできれば避けたいところ。

うん、良い感じです!

ちょっとカゴが浅いのですが、クロスバイクなどはハンドルとタイヤまでの距離感は少なめ。

ハンドル低めな自転車でも対応するにはこれくらいがいいのかも。

コチラのカラーはCP(シルバー)ですが、ブラックもあります。

そしてもっとワイドで大きい Lサイズもあります。

興味のある方はご相談くださいませ~。

 

セオサイクル瑞江店 佐藤

店舗情報はコチラ →(http://mizue.seocycle.biz/