暑い日が続きますと、自転車屋さんはパンク修理が増えます。

アスファルトは高熱になり、タイヤはゴムなので熱で傷みます。

当然ながら、タイヤがダメになると中のチューブにも穴が開いて「ぷしゅ~」とパンクにつながるわけです。

しかしながら、パンクの原因で一番多いものってなんだかわかりますか?

答えは 「空気圧不足」です。

空気圧が不足すると、タイヤがつぶれてサイドから傷みだします。

地面に接する面も増えるので摩耗も進みます。

傷んだタイヤにはいろいろなものが刺さりやすいです。

刺さらなくても中のチューブがこすり切れてしまったり。

パンクの原因をさかのぼって考えると・・・

ほとんどの場合は空気圧不足です。

では予防策は?

・・・・・

そう!想像通り!「空気を定期的に入れること」です。

当店では店頭にて一般の自転車の空気入れを無料でご利用頂けます

(コンプレッサー式でバルブの真ん中に押し当てるだけです)

一般の自転車 → 「月に1回」

補充するようにするだけで、パンクする回数をぐっと減らせます。

そのうえ、タイヤの寿命も長くなります。

良いコトばかり。

どうぞご利用ください。

使い方がわからない方は声かけてくださいね。

スポーツタイプなどの仏式・米式には手動のポンプをお貸ししています。

店頭には出していないので、声をかけてください。

※仏式の空気の入れ方はコチラ(仏式バルブの空気の入れ方)をご確認下さい。

スポーツタイプ → 「2週間に1回」

が目安になります。

 

空気が入っていないと

タイヤは傷みやすい(パンクしやすい)、こぐのは重い、

とイヤなことばかり。

空気が入っていることで

クッション性があり軽快に乗ることができます。

簡単にできるメンテナンス「空気を入れる」。

とても大事なことです。

明日から初めて見ませんか?

 

セオサイクル瑞江店 佐藤

店舗情報はコチラ →(http://mizue.seocycle.biz/