スポーツバイクを楽しむ人も増えてきてうれしい今日この頃。

ちょっとずつやれることを増やしていきたいですよね。

まずはSTEP1 「前輪を外す」をやってみましょう!

これができると、タイヤ交換ができるようになったり、

輪行(車輪を外して移動する)ができるようになったりします。

今回は上の画像のような「Vブレーキタイプの前輪の外し方」のお話。

クロスバイクで一番多く使われているブレーキです。

 

車輪を外そう!となるとまず

車輪の軸のレバーに手を伸ばしがちですが・・・

違います。

まずはブレーキの部分から。

通常はこのようになっていると思います。

このままでは、いくら車輪の軸の部分を外しても

ブレーキシューがタイヤに当たるので車輪は外れません。

ですので、まずブレーキを解放(広げる)必要があります。

① 黒いブーツをずらしてください。

② 「バナナ」と呼んだりもする、ぐいーんと曲がったリードパイプを左手で持ちます。

③ ここ、大事です。

左手でリードパイプを矢印のほうに引きます(⇦)

右手でVブレーキのアームを押します(⇨)

この時、右手の人差し指は自由に動かせるようにしておいてください。

この時点での、Vブレーキのワイヤーが収まっている部分の拡大が下の画像。

この状態だったのを・・・

この状態にすることで、外せるようにしたのが③でやったことです。

④ その状態で

左手のリードパイプを上へ(⇧)

自由にしておいた、右手の人差し指でVブレーキアームを下へ(⇩)

(ブレーキアームは押したまま)

これはイメージですが、

こんな感じでワイヤーとVブレーキアームが外れます。

そうすると、Vブレーキが左右に広がりタイヤが外れるだけの空間ができます。

ここで初めてクイックレバーの出番。

⑤レバーを倒し(開き)ます。

少し車輪が緩みます。

まだ車輪は外れません。

⑥レバーと反対側のナットを緩めていきます。

完全に外す必要はないので、ぐらぐらになるくらいまで緩めたら・・・

⑦車輪を片手で支えながら、車体を持ち上げれば

フロントフォーク(前車輪をさせている2本の棒の部分)から車輪が外せます。

それはもう簡単にするっと。

やったー、外せました!

 

外したら戻さねばなりません。

当然ながら、基本は逆の手順です。

⑧車輪をしっかりと元にあった位置にはめ込み、

クイックレバーの反対側のナットを締めこんでいきます。

どのくらい締めこむかというと・・・

上の画像のように

「クイックレバーを倒した(起こした)時に、地面と水平にしたくらいで抵抗を感じるくらいまで」ナットを締めこみます。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、

「レバーと反対側のナットを適度に締めこんで、レバーを倒して(起こして)固定」

ってことですね。

これをグリグリ締めこんで、(クイックレバーを倒しこまずに)

できた~、と終わらせてしまうと危険です。

緩んで車輪が外れてしまうことも・・・

⑨最後は必ずクイックレバーを倒しこんで(起こして)固定しましょう!

この時、

車輪は真ん中に入っているか? グラつきはないか?

など確認します。

⑩大丈夫であればVブレーキを元に戻します。

車輪を外すときにやった③の持ち手で・・・

(右手の人差し指を自由に使えるように~)

今度は④の逆ではめ込みます。

必ずここまではめ込んでください。

黒いブーツを戻して、はい、元通り~。

ブレーキを握ってみた上で車輪を回してみましょう。

ブレーキが車輪に当たっていないか確認してください。

※ブレーキが車輪に当たっているときは

・車輪が斜めに入っている

・ブレーキの調整がずれている

などの要因があります。

 

細かく書いたので、たくさんの手順があるように感じますが、

やってみれば、それほど大変ではないと感じると思います。

前輪を外せるようになると

前輪だけ外すタイプの輪行袋」を使って遠くに走りに行けます♪

タイオガ フレックスコクーン

メーカー希望小売価格

税抜き 5,500円

税込み 5,940円

詳しくはコチラを。

※このタイプは荷物のサイズとしては大きくなるので、公共機関を利用する際には迷惑にならないように注意しましょう。

 

後輪の外し方はまた別の機会に~。

ちょっとチェーンの扱いだったり、変速機をとめている部分がデリケートだったりするのでレベルが高くなります。

まずは前輪をマスターしてください~。

 

セオサイクル瑞江店 佐藤

店舗情報はコチラ →(http://mizue.seocycle.biz/