いろいろ輪行袋はあるのですが、

電車や飛行機、持ち運びなどの面で選ぶものは変わってきます。

私が飛行機の輪行(国内)の時に使っているのはコチラです。

(→ 弾丸北海道 美瑛~富良野 ・ 南国♪石垣島ツーリング でも使用)

オーストリッチ OS-500トラベルバッグ

メーカー希望小売価格

税抜き 22,000円

税込み 23,760円

※お取り寄せ商品になります。メーカー在庫があれば2~3日でご用意できます。

コチラの輪行袋・・・というより輪行バッグの飛行機輪行に優れたところは

保護機能がしっかりしていて、折りたためる」というところ。

外側は暑さ10㎜のウレタンがあり衝撃からフレームを守ってくれます。

飛行機輪行では預け荷物になるため、

愛車を自分で管理できない」ことになるので思わぬ事故もあるかもしれません、

このくらいしっかりした輪行袋で保護は万全にしましょう

中にはホイールの間仕切りがあり、ホイール自体は外して入れるだけ。ヒモでしばったりしなくてOK。

念のため、傷付き防止の為、フレームにはパッキンを巻くなど保護したほうがいいですね。)

3つ折りにたためます。ある程度、保管もしやすいです。

三つ折りした時はベルクロで止めておけます。

このあたり気が利いています。

 

「この大きさじゃ持ち運べないじゃん」って思うかもしれませんが、

先に書いたように、飛行機輪行では保護が第一。

じゃあ、自転車を出したらこの「大きな荷物」はどうするの?

①空港のロッカー(大きい縦長の500~800円くらいのやつ)に入れておく。

②宿に一度持っていく。

のどちらかですね。

日帰りの時は①になりますね。

数日間宿泊予定の時はコインロッカーに入れっぱなしもアレなんで②がオススメ。

 

外側にポケットがあります。

輸送用の伝票入れるところだと思うのですが、

ここは「自分のモノと認識できる目印の紙」などを入れましょう。

なんでかというと、OS-500は今のところブラックしか色がないので、

もし、他に同じものを使ってる人がいると見分けがつきにくいのです。

 

海外にも対応させているのでしょう、

いくつかの言語で「自転車」と書いてあります。

これなら空港の人も自転車だなってわかりますね(笑)

 

↓ あったら便利な小物はコチラ ↓

ホイール外した後にはチェーンを張っておくものがると安心。

オーストリッチ チェーンマスター

メーカー希望小売価格

税抜き 1,500円

税込み 1,620円

※お取り寄せ商品になります。メーカー在庫があれば2~3日でご用意できます。

念のためにフロントフォークのエンドを守るために。

オーストリッチ エンド金具 フロント用

メーカー希望小売価格

税抜き 1,200円

税込み 1,296円

※お取り寄せ商品になります。メーカー在庫があれば2~3日でご用意できます。

国内の飛行機輪行ならOS-500トラベルバッグで十分です。

私は海外は行かないのですが、海外まで視野に入れると

さらに丈夫な輪行箱(ケース)タイプが必要になるようですね。

 

飛行機の輪行はハードルが高く感じると思います。

でも、コツさえつかめば何とかなるもの。

是非トライして頂きたいです。自転車の楽しみが一気に広がります!

航空会社の受付の人も、自転車に関しての受け入れも

ひと昔前と比べれば手馴れてきている印象ですね。(マニュアル化されてきている?)

それでも「うわ、自転車だよ」って預け荷物受付のお姉さんも思うことでしょう(笑)

自分としては航空会社の人にもちょっと迷惑かけてるかもな~

という思いもあるので、こちらとしても事故の起きないように最善を尽くした梱包を、

そして仮に受付に手間取っていても気長に待つようにしています。

なので、事前準備をしっかりとして、早めに空港に行くようにしましょう。

トラブルなく楽しいトラベルをしたいですね!

 

セオサイクル瑞江店 佐藤

店舗情報はコチラ →(http://mizue.seocycle.biz/